アイデア13%UP? 体が動く椅子コクヨのingを購入しました!

スタッフブログ

皆様どうも、はじめまして!
こまりのメタボプログラマ、桑木です。

事務所移転にともないウェブサイトをリニューアルしました。最近流行りのブログ機能が付いたので、心機一転、折角だから仕事の事とかつぶやいていこうと思います。

表題の ing(イング) とは

あの文房具・事務用品で有名なコクヨが昨年末に発売した、新感覚のオフィスチェアです。
効果効能(医療器具ではありません)は公式サイトを見ていただくとして、4時間でウォーキング1.5km分の消費カロリーだとか、ひらめき13%アップだとか……。なにこれ凄い! 毎日おにぎり1個余分に食べられる!
この記事で存在を知ってからというもの、気になって気になってどうしても気になって仕方なかったので、とりあえず近くのお店で体験してしまいました。

とりあえず、最初に何も考えず座ってみたら座面が高すぎたようで前へつんのめる。これは足と手で踏ん張って姿勢を維持する体幹トレーニング的な椅子なのかと思ったら、そんなことはなかった。座面が高いだけでした。ついでに言えば深く腰掛けた方が良いみたい。座ってみた感覚としてはバランスボールみたいな感じかな?
バランスボールを椅子にしたことはないけれど。

ラインナップが3つあるけれど……

バリエーションとして、脚部の材質の違い(樹脂orアルミ)、キャスターの違い(カーペット用orフローリング用)、布の色(12色)。この3点は好みとか使用環境だけで選ぶ物なので特に違いはないようです。
そんなことより気になるのは背もたれのタイプ! ing のコンセプトからすれば、上半身がアクティブに動かせる背もたれの低いラテラルタイプだよなぁ、とは思うものの、一応、他のタイプも座って確認してみないと。

というわけで体験してきました! コクヨのライブオフィスで! コクヨの人の話を聞きながら!
商品写真ではわかりにくいですが、ラテラルタイプは横幅も広めでやはりアクティブ向け。バーチカルタイプとヘッドレストタイプは、背中を預けてゆらゆらと360度のグライディング機構をより楽しめます。とはいえ、ing に座ってみると自然と上半身は前傾するので、背もたれは寄りかかる為というより腰への支えとして機能しているように感じます。とすると、やはり効果効能が期待できそうなラテラルタイプ、君に決めた!

というわけで、買っちゃいました

私が知らないだけかもしれませんが、横方向にもグライディングする椅子というのは珍しいですよね。前後方向だけなら背もたれのリクライニングに合わせて動く椅子は一般的かと思いますが。

(コクヨの人も言っていましたが)人によって合う合わないがあるらしく、同僚の一人なんかは人が折角買った ing をさんざんディスってくれました。私は別に悪いとは思わないんですけど……。ともあれ、椅子というのは半年とか1年とか長く使ってみないとわからないので、しばらくは使い続けてみようと思います。
そして1年後には私のメタボ解消ボディをお披露目してやりますよ!

コメント