デザイナー職場体験!専門学生のインターンシップを実施しました!

スタッフブログ

こまりWEB製作部の古谷です。 暑い夏の時期になりましたが就活が盛んに行われる時期ですね。 既に就活を終えて内定した方はおめでとうございます。 現在探している方は……当社もデザイナーやエンジニアを絶賛募集していますので、是非ご検討ください!

私はデザイン系の専門学校に通っていましたが、 学生時代にはデザイナーって実践ではどんな事をやるんだろう? と期待と不安を持っていました。 私が学生時代の時は体験学習みたいな制度?というか風習?はなかったのですが、今はインターンシップも一般的に行われるようになり、専門職の職場体験を積む事で学生時代中に雰囲気を掴む感じになっているようです。

デザイン系の専門学生に来て頂きました

弊社では数年度前から学生のインターンシップの受け入れをしています。 今年も専門学校から体験学習に来ていただきました。 学生さんの勉強の場として利用していただきたいのは勿論の事、我々社会人としても、学生さんの新しい力・新しい風を見ることによって貴重な勉強になります。

今回インターンシップに来て頂いたのは、岡山市北区船頭町にある「中国デザイン専門学校(通称チュウデ)」に在籍している、デザイナーのたまごさんです。 中国デザイン専門学校さんは、こまりのチーフデザイナー岡本がデザインについて学んだ学校で、いつも大変お世話になっております。

ナイスガイなチュウデの先生とツーショットでパシャリ!

彼女には4日間来て頂きました。 短い期間ではありましたが職場体験ありがとうございます。 もう少し色々と教えてあげたい感じはありましたが……、詰め込みすぎても難しく、どうしたらいいのかな? と毎年考えます。 教える方としても学生さんには教わる事が沢山ですね。

技術は勝手についてくる!

インターンシップの方に限らずですが、私がいつも言っている事としては「最初は出来なくて当然」「失敗は当たり前」ということですね。 じつは意外と難しいことですが、失敗した事に対して意味を見いだせる人はとても貴重だったりします。

学生の時ってどうしても出来る事自体が少ないので不安感が大きかったりします。 私もデザイナーとして経験が浅いときは一つ一つの案件に緊張しましたし、自信がない中でどうしたら良いんだろと無い引き出しを必死で開け閉めしてました。 そんな不安がいっぱいの中だと、失敗を恐れたり恥ずかしいと思う気持ちや、途中経過を見せたくないという気持ちが溢れてきます……。

この「恥ずかしい」「見せたくない」という気持ちを捨てて、どんどん挑戦してみてください。 技術や知識ってのは最初は当たり前ですけどなくて当たり前なんです。 やりたいという気持ちさえあれば勝手についてくるんですよね。

インターンシップを利用して、学生生活では体験できない雰囲気を体験していただければと思います。 弊社に限らずですが、他企業さんも含め、インターンシップ先の先輩が未来の努力した姿ですからね!

興味がある方はエントリーを!

こまりでは新卒採用を応募しています。 2019年度向け新卒採用は現在募集していますので、ご興味のある方は是非ともエントリーをお願いしますm(__)m エントリーページはこちら

コメント