暑い夏を吹き飛ばせ!鳥取砂丘を駆けのぼり爽快感ある日本海を体感!

スタッフブログ

こまりの古谷です。 先日のお休みに気分転換を兼ね、ドライブがてら妻と一緒に鳥取砂丘に遊びに行ってきました。 暑い中、そんな暑そうな場所になにしに行ってんだよって感じですよね? いやー暑い日々がつづく毎日ですが皆さんお元気でしょうか? 僕は砂漠でウォーキングをするという謎の行動をとり、体力をごっそり奪われて死にそうになっていました。

想像以上に砂漠

ということで、日本の砂漠こと鳥取砂丘に行ってきました。 鳥取砂丘と言えば海岸砂丘としては日本最大規模の砂丘でして、その広大さから大人気?の中国エリア観光スポットです。 特産物としてはらっきょう、秋には二十世紀梨が有名ですね。 私はどちらも大好きです!

岡山県にとって鳥取は隣県ですし、鳥取砂丘には何度か行ったことがあるんですが、いやもうね……。 私は年齢という壁をすっかり忘れていました。 鳥取砂丘を舐めちゃダメです、あれはもう立派な砂漠と言っていいと思います。 想像していた以上に砂丘登り切るのきつい! というか、まずなんと言っても暑い! 生命の危機を感じる程度に暑い。 太陽の光がギラギラしてるのに何で砂丘を登ろうとしているのかが謎なぐらい暑い!

とは言え、なんかめちゃくちゃバカみたいにはしゃいで元気よく駆け上るオッサン。 太陽のもと動くって何だかんだでたのしいですよね! 登り切った先に見える日本海を見た瞬間、めちゃくちゃ気分爽快! やりきりましたね!

持って行ったカメラのレンズが58mmでしたので、この感動を写真で表現できないのが残念ですが、皆さんも是非行ってみてください。 ギラギラ照っている太陽を相殺するような爽快な突き抜ける風。 辺り一面海しか見えない壮大な景観。 とても感動しました。 そしてやりきった私の中に生まれる、気持ちよさ。 まさに来て良かった、そう思える鳥取旅行でしたね。

いや、マジ絶景!

ただ、わたしはこの時気がついて居なかったのです……。 本当の地獄は帰りにあるという事に……!!

帰りがあるのを忘れていた……!

砂丘を降るごとに足に入る砂、じゃりじゃりと足が重くなり、太陽に焦がれる事で体力を奪われる35歳のおっさん。 しかも水を車に置いてくるという痛恨のミスを犯した私。(※妻は「水持ってこないと!」って言ってたんですが、駐車場から20mほど進んだ所で戻るのがめんどくさくなり、「いらんじゃろーwww」とか言って強行したバカは私です)

めっちゃ大変なんですが……!!! しかもめちゃくちゃ足に砂が入ってゴリゴリ体力削られていく砂地獄。 うわーん、もうこねーよ……。 半泣きになりながら砂丘をくだっている私。 「水なくて熱中症になりそう倒れそう」とか言ってる妻。 水置いてきてごめんって……。 てか、なにこの砂漠? パッと見だと「目と鼻の先って感じの距離だね、ははw」って言えるような距離感なのに、実際に歩くとめちゃくちゃ距離長いんですが……?

泣き言をいいながらも何とか無事に帰還した私たち。 靴の中に大量に入った砂を出しながら、親切に設置されてある足洗い場でくつろいだのでした。 まぁ色々ありましたが、普段座り仕事が中心ですので、太陽のもと動くといい気分転換になりますね! 楽しかったです!

水分補給はしっかりと!

流石に暑い時期は本当に熱中症になっちゃう可能性もあるので、観光の際はくれぐれも十分水分をとりましょう。 暑い時期ではありましたが、わたしも涼しくなった頃にでもまた行きたいなと思ってます! 皆さんも是非行ってみてください!

コメント