楽天市場の商品画像制作のポイント

スタッフブログ

弊社では複数のECモールで節句商品を中心に販売を行っております。
今回は楽天市場での商品ページ制作についてのポイントを解説していこうと思います。
楽天市場に限らず、色々なECモールの商品画像制作の参考にしてもらえたら嬉しいです。

目を引くサムネイル作り

ECモールでは同じ商品を他の店舗も出品していることがあります。そうなると、お客様が検索した際に同時に商品が並ぶことになります。その時に、サムネイルが商品選びの大切な要因の1つになります。
他の店舗と差をつけることを意識して、その商品の特徴がわかりやすく伝わるサムネイルであることが大切です。
例えば、デザイン性を重視しているものなら、見栄えのいい写真でサムネイルを作ると、パッと見、目を惹きます。弊社でも、実際に自社で撮影を行っており、サムネイルにはかなり力を入れております。

商品をしっかりとアピール

実物が見れないお客様にとって、商品ページ内で書いてあることが商品選びをする際の判断材料となります。ですので、あまり情報が少ないとお客様も判断がしづらくなり、他の店舗の商品へ移動してしまう可能性があります。
しっかりと商品のアピールをするように構成を考える必要があります。

キャッチコピー

商品の魅力は見た目だけでは伝わりません。その商品の優れた点を簡潔にまとめたキャッチコピーを付けると、どのような商品かお客様がより具体的にイメージしやすくなります

ぱっと見で端的に伝わりやすく

伝えたい商品の情報はたくさんあると思いますが、それを文章で長く説明してしまっても、全てお客様が読むとは限りません。文章で長く説明するのではなく、写真やイラスト、図、短い見出しなどで構成することで、ざっとページを見ただけで主な商品の特徴が伝わるようにしましょう。
読み込まないと伝わらない商品画像は避けて、しっかりと情報の優先度でメリハリをつけて構成しましょう。

表示の箇所に合わせて構成する

楽天市場では、商品画像を登録する箇所と、説明文の箇所と、それぞれ商品画像を表示できる箇所があります。
商品画像を登録する箇所は、スマートフォンで見た際に、横にフリックして見るので、正方形1枚単位で考えます。説明文の箇所は、縦に長く表示されるため、縦長の構成と、それぞれに合わせて構成を考えましょう。

まとめ

ECモールで商品を販売することは、商品画像だけが売れる要因ではないですが、実物が見れないネットでの販売には重要度がかなり高いと言えると思います。
こちらを参考にしていただき、商品画像制作を行ってみてはいかがでしょうか。