ロードスター30周年モデルを撮影してきました / MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition

写真撮影・カメラ機材

こんにちは、KOMARIのWEBデザイナーをしています。 フルタニです。

本日6月10日、マツダ ロードスター30周年 特別記念のリトラクタブルハードトップモデルの最終予約申込日ですね。 予約の当選・落選、様々な想いが重なる瞬間ですね。 記念モデルを手にする方がものすごく羨ましい!! 当選された方、本当におめでとうございます。

私も、先日行われましたソフトトップ(幌)仕様は予約抽選に参加しまして、予約当日~終了日まで心躍らせながら、結果がでるその瞬間を待ちわびていましたが、残念ながら落選。 30thを手に入れる事はできませんでした。 今回の予約抽選はリベンジするかを相当悩んだのですが、RFの予約は参戦せずです。(実はRFVSソウルレッドをせいやk…………?!

ロードスターRF 30周年モデル

RFVSソウルレッドを成約するという暴挙により、ハードトップモデルの予約という30周年の熱きお祭りに参加出来ず、心から残念ではありますが、とは言え……、30thの感動を私も肌で感じたいと思い、今回マツダブランドスペース大阪に伺ってきました! 岡山~大阪は意外と近いですからね。 ちょっとドライブがてら撮影に伺いましたので、写真に収めてきましたロードスター30周年モデルを、是非ともご覧ください!! 写真で見ても、実物を見ても、めちゃくちゃカッコイイです。


30周年モデルの特徴は、メタリックカラーではない、ソリッドカラーのオレンジ色になります。

イメージカラーとしては、「新しい一日の始まりを予感させる朝焼けのようなオレンジ」との事ですが、そのイメージ通り、朝方や夕方ぐらいの薄暗い環境での表情は、とても相性がよさそうですね。 また、オレンジ色のカラーリングは一見派手に思われるかもしれませんが、光源によってさまざまな表情を見せてくれるデザインなので、色々な表情を演出してくれます。

マツダブランドスペース大阪さんのような、ライトアップされた環境では、30th特別色に相応しい凜とした表情と高級感を演出していました。 今回、写真現像の色味調整は、私なりにかなり気をつけてみたつもりですが、オレンジ色にいだく印象は、見た場所や時間によってかなり変わるのではないでしょうか?

運転席に乗って一枚パチリ。 これ凄くないですか? 私が乗っても(ロードスターは)めちゃくちゃカッコイイ!! 語彙力なくて申し訳ないのですが、当選された方がほんとうにほんとうに羨ましいです。 私がもしオーナーになれたのなら、間違いなく洗車に手を掛けていくのが趣味になるだろうなぁーと確信してしまいます。

どの角度から見ても美しいレーシングオレンジ

ソフトトップモデル(幌)とリトラクタブルハードトップモデルは、大きく違う点としては、SKYACTIV-G 1.5とSKYACTIV-G 2.0の違いになりますが、車としてのスペックの違いはまぁ……色々あるんですが、今回は置いておきデザインを見ていきたいと思います。

RFモデルはフロントピラーがボディー色と同色となっており、ルーフへの色の流れがストレートに繋がる事で、ロングノーズショートデッキの美しい曲線美を演出します。 幌車はフロントピラーが黒色ですので、大きく印象が変わりました。 より大人な印象を感じさせます。 ロードスターNDの2017年限定色モデル クラシックレッドの時も感じましたが、ソリッドカラーとNDモデルは意外と相性が良いのではないでしょうか? 私はとても惹かれてしまいます。

この車、3915mm×1735mm×1235mmと、意外や意外と横幅はありますが、全体としてみますとコンパクトな車に仕上がっています。 その割に、近くから見ると存在感を感じるデザインです。 そして、一歩引いて見ますと非常にコンパクトな外観。 NDタイプは曲線を多用したデザインとなっており、見る角度により受ける印象がまったく変わってきますね。 とても不思議な車です。

ROADSTER 30thモデルは、内装のRECARO社製シートのオレンジパイピングや、アルカンターラのオレンジステッチをはじめ、エアコンルーバーのベゼル、ドアトリムまで、レーシングオレンジを配した、統一感あるデザインが施されています。 オレンジという一見インパクトのあるカラーリングですので、パッと見た感じの派手さを感じると思いますが、想像以上に大人な印象を受けます。

30周年特別仕様ですが、装備はロードスターRFのRSグレード(ATはVSグレード)を基準に作られていますので、既存モデル同様にセーフティパッケージも充実しており、30thモデルももれなくサポカーSワイドに対応しています。 また嬉しい装備として、2018年のモデルチェンジに引き続き、上下42mmのチルト機構と、前後30mmのテレスコピック機能が採用されています。 もちろん、MTモデルにもクルーズコントロールが装備されております(クルーズコントロールは追従型ではなく定速型)。

30thロードスターのスペック

ロードスター30周年の価格とスペック

ロードスターRF RS(6MT) ロードスターRF VS(6AT)
駆動・ミッション 2WD(6MT) 2WD(6EC-AT)
価格 ¥4,303,800 (税込) ¥4,260,600 (税込)
全長(mm) 3915 3915
全幅(mm) 1735 1735
全高(mm) 1245 1245
ホイールベース(mm) 2310 2310
乗車定員(名) 2 2
車両重量(kg) 1100 1130
タイヤサイズ 205/45R17 205/45R17
ホイールタイプ 鍛造アルミ
(ダークガンメタリック塗装)
鍛造アルミ
(ダークガンメタリック塗装)
最小回転半径(m) 4.7 4.7
サスペンション(フロント) ダブルウィッシュボーン式 ダブルウィッシュボーン式
サスペンション(リア) マルチリンク式 マルチリンク式
ブレーキ(フロント) ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(リア) ディスク ディスク
エンジンタイプ SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-G 2.0
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
エンジン総排気量(L) 1.997 1.997
エンジン最高出力
(kW<PS>/rpm)
135<184>/7,000 135<184>/7,000
エンジン最大トルク
(N・m<kgf・m>/rpm)
205<20.9>/4,000 205<20.9>/4,000
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 無鉛プレミアムガソリン
WLTCモード燃費
(km/L)
15.8 15.2
WLTCモード燃費
市街地モード
(WLTC-L)(km/L)
11.8 10.9
WLTCモード燃費
郊外モード
(WLTC-M)(km/L)
16.0 15.6
WLTCモード燃費
高速道路モード
(WLTC-H)(km/L)
18.3 18.0

特別感を感じる、30周年特別アニバーサリー仕様

ダークガンメタリック塗装のRAYS社製鍛造アルミホイールには、30TH ANNIVERSARYの刻印入り。 さらにオレンジ塗装が施された、Brembo社製のベンチレーテッドディスク&対向4ピストンキャリパー。 ちょっとした違いと言えばそれまでですが、このチラ見するオレンジカラーのブレンボと、RAYS社のホイールが30周年の特別感をさらに演出してくれます。

という事で、マツダロードスター30周年モデルの紹介でした。

ロードスター30周年モデル、大阪で展示されています!

ロードスター30thモデルは、現在マツダブランドスペース大阪にて展示されています。 今回ご紹介のレーシングオレンジのロードスター30周年モデルは、残念ながら既に買えなくなりましたが、マツダの塗装技術「匠塗TAKUMINURI」のソウルレッドクリスタルメタリックや、マシーングレープレミアムメタリックといった、マツダならではの美しいカラーは健在です。

また、今回紹介はしませんでしたが、今話題のMAZDA3の展示もしていました。 MAZDA3は乗ってみた感じの具合もよく、高級感のある内装に、質の良い音源環境、新しいマツダコネクトと、この価格でこのクオリティ?!国産車で断トツじゃない? と、お値段以上を感じる内容の車でした。 いやほんと、最近のマツダさんは凄いですわ。 ご興味をお持ちの方は、是非ともご自身の目でお確かめください!

マツダブランドスペース大阪

住所・連絡先

〒531-0076
大阪府大阪市北区1 大阪市北区大淀中1丁目1−88 梅田スカイビル タワーイースト1階
詳しくは、マツダブランドスペース大阪 HPをご確認ください。

アクセス方法

JR大阪駅から徒歩9分程度。 ※グランフロント大阪南道路より東に抜ける路地があります。

今回使用の機材について

今回は下記の機材を用いて撮影しました。 各写真はクリックで大きな写真を表示する事が可能です。

  • NIKON D800
  • AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
  • SB-910

※各写真の無断使用はお断りしております。