ソフトウェアエンジニア

入社のきっかけを教えてください。

前職ではゲーム関係のシステム開発の仕事に携わっていました。最初はゲーム運用サポートのシステム開発などを行っていたのですが、年数が経つにつれ開発業務よりも担当プロジェクトの進行管理がメインになっていき、いつの間にか自分の手で開発を行うことがなくなっていきました。そんな日々を過ごす中で、「やっぱり自分の手で開発がしたい」「コードを書きたい」という気持ちが強くなり、転職しようと思い立ちました。そんな時、先にこまりへ転職していた先輩に勧められて、一度面接を受けることに。その面接で副社長から「システム開発をやってほしい」と言われたことが入社を決めた一番の理由です。

どんな仕事を行っていますか?

こまりが開発した在庫管理システム“SASAGASE”の運用保守や新機能開発などを行っています。また、レビュー施策を自動化する“ラクラクあつまレビュー”といった、痒い所に手が届くようなシステムの開発にも携わっています。

システム開発の他に、エンジニアの進行管理もメイン業務のひとつです。メンバーにタスクを割り当てたり、優先順位を指示したり。進捗確認や今後どういうところを開発していくかなどを決めたりしています。その他、社内でSASAGASEを使用している営業事務さんのサポートなども行っています。自分がやりたいと思ったこともやらせてもらえているので、満足しています。

仕事をしていく中で喜びはありますか?

やはり、自分の手でシステム開発ができることが一番嬉しいですね。良いコードが書けた時は喜びを感じます。機能を実装するにあたって方法はいくつかあるのですが、その中でも自分の個性を生かしつつ、分かりやすいコードが書けた時はやりがいを感じますし、喜びを感じます。

前職では機能要件をある程度決められた状態からシステムの開発をしていたのですが、現在では、何が必要なのか、どういったものを作るのかを0の状態から​​他の部署の方と話し合いながら決めています。今まで経験したことがない部分なので難しさも感じますが、面白いなと思いながら働いています。自分達が開発したシステムが世に出た時や、そのシステムを使ってくださった方に感想や意見を頂いた時は“貢献できた”と実感できて嬉しく思いました。

職場の雰囲気はどうですか?

接しやすい方ばかりで社内の雰囲気はとても良いです。エンジニア関連で言うと、実装方法について相談できる人がいたり、機能の仕様について相談できる人がいたり。何かしら相談できる人が多い職場なので、雑談がてら周りの人といろいろと話し合っています。週に一度、各部署の代表者が集まって今後の方針や現在の業務などについて話し合う会議があるのですが、その際も周りの人達がきちんと話を聞いてくれるので、思いついたアイデアや意見が言いやすいですし、やりやすいなと感じています。

またランチタイムになると、休憩室からは和気藹々とした声が聞こえてきます。普段関わらない社員とも、その休憩室を介して仲良くなることも多いみたいです。中途入社でも溶け込みやすい環境が整っている印象です。

新入社員へのメッセージ

エンジニアって、日々コツコツ勉強を続けていく仕事だと感じています。新しい技術をどんどん自分のものにしていって、共にスキルアップできるような人に会えたらと思います。そういう面だと今までのやり方に拘らず、いろいろなことに挑戦してほしいと思っていますし、私自身も色々なことをやってみたいです。同じような志を持った方、チーム一丸となって協力し合いながら開発が行える方。そんな人と一緒に働きたいと考えています。開発したものに対して、立場関係なくダメなところも良いところもなどフィードバックをもらえるともっと嬉しいです。メンバー内で意見をどんどん出し合って、どんどん挑戦していく。そういった人を私が全力でフォローしますので、安心してください。私たちと良いものを一緒に作り上げましょう。

エントリー募集中!

こまりでは、新たな戦力を大歓迎しています。 会社訪問も随時募集していますので、是非ともお気軽にご参加ください。 面接or会社訪問は、下記エントリーシートからアクセスをお願い致します。