RECRUIT

先輩社員の声

入社のきっかけを教えてください

中学生ぐらいから将来はホームページや雑誌などデザインの製作に関われる仕事に就きたいと思っていたので、デザインのことが学べる専門学校へ3年間通っていました。 就活の時期になりどんな会社へ行こうか悩んでいたタイミングで、学校にきていた求人でこまりのことを知りました。 節句商品をネット販売していたり、ウェディングなどギフトショップの運営、英会話教室もやっている会社だと知り、単純におもしろそうな会社だなと気になりました。 さらにいろんな事業に関わりながらデザインの仕事ができたら、きっとやりがいがあるんじゃないかと考えました。 そして、パソコンを使ったデザインの業務が中心だということで、学校で学んだことが活かせると思いこまりに決めました。

この会社に勤めて達成できた事、成長したと思う事は?

入社したころは、デザインを仕事にするということに苦労しました。 節句などの販売を行っているショップページのアイコンや商品ページのデザインを任されましたが、なかなかうまく出来なくて悩みました。 学生の頃は授業のテーマに沿って自分でコンセプトを考え、製作したものを先生に提出してアドバイスをもらうという流れでした。 そのため、自分の都合の良い方向へと考えてデザインの作業を行えたのです。 しかし、仕事としてデザインをするということは、上司の方の指示やどうしたら売れるページを作れるのかなど、明確な目的に合わせてデザインを考えることに戸惑いました。

それに節句の商品の知識なんて全くないわけですから。 ですが、日々上司の方々との会話から節句のことを学び、ホームページのデザインをしていくことで、少しずつデザインを仕事にするということが明確にカタチとなっていきました。 最初のころはよく上司の方からアドバイスをもらいながらデザインを進めていましたが、今は少なくなってきて、自分でも自信をもちつつ仕事ができています。

仕事をしていく中で喜びはありますか?

デザインの業務をしていくうちに、商品開発にも携わるようになりました。 雛人形の衣装を考えたりなど、新しい商品のアイデアを出したりしています。 社員の人数は少ないですがその分、自分の考えをしっかりと伝えられる環境が整っています。 ちゃんと上司の方も私の意見を取り入れてくれるので、とてもやりがいを感じられます。 ネットショップの商品ページを作る際も商品と関わっているので、どうやってこの商品を良く魅せる構成にするのか、考えるときもスムーズに作業ができて、より商品への想い入れも強くなっていきました。

また、ギフトショップの方の事業にも関わっているのですが、ウェディングのペーパーアイテムや結婚式のアルバム制作もしています。 こちらはネットショップと違うのは、特定のお客様からの依頼でデザイン業務をしています。 お客様からどういうデザインで作ってほしいなどの要望を聞きかながら進めているのですが、お客様の中にある、こうしたい!という考えをデザインに反映していくのは、おもしろくて楽しい作業です。 お客様に喜んでいただきたいという想いにまっすぐ向き合い製作してますが、その想いがお客様に通じて喜んでいただけたときは、とても心が満たされた気分になります。

自分の責任で仕事ができている事は?

いくらその商品が魅力的なものでも、魅せ方ひとつで売り上げが変わってくるという点は、プレッシャーも感じます。 商品ページをリューアルしたものが売れたときには、商品の現物が見えないネット販売だからこそ、商品の魅せ方がとても重要なものだと実感しました。 商品ページを考えるとき、写真の撮影も自社で行っているのですが、家具の配置を決めたり、撮影を担当している社員の方にどういう構図で撮ってほしいなどアイデアを出しながら撮影を進めていきます。 パソコンの前に座って作業する以外にも、トータルで商品の魅せ方について考える時間にも携わることで、商品への向き合い方も変わっていきます。 そんな苦労を積み重ねていき、商品の売り上げに繋がって、お客さまからの好評もいただいたときは、嬉しい気持ちでいっぱいになります。

新入社員へのメッセージ

新卒でこまりに入社したので、会社がどういうところなのかと不安で最初はいっぱいでした。 ですが、周りの社員の方々はとても優しく、アットホームな環境ですぐに慣れることができました。 新しい環境は誰しも不安でしょうが、どんなことでも自分の思いを伝えることが大切だと思います。 そのおかげで、業務もしやすくなり、自然と自分の居場所ができて仕事へのやりがいを日々感じることができます。